不妊症の大きな原因の一つに排卵障害があります。不妊症の2割から3割が排卵障害だと言われています。排卵障害があると、二十代の女性でも妊娠するのは難しいです。妊娠したくても出来ない状態が続いている場合は、排卵障害が起きている可能性がありますので、産婦人科で検査を受けた方が良いでしょう。

排卵障害とは文字通り、排卵に問題がある状態です。例えば、卵子が成熟しない状態、排卵そのものが出来ない状態のことです。月経不順が長期間続いている場合は排卵障害の可能性があります。このようなことが起きてしまうと、妊娠することができません。

排卵障害の主な原因は次のとおりです。

  • 高プロラクチン血症
  • 多嚢胞性卵巣症候群
  • 早発性卵巣機能不全
  • 過度な精神的ストレス
  • 偏った食生活、過度なダイエット
  • 不規則な生活習慣
  • 環境ホルモン