体外受精の治療のおおよその流れについて説明します。

1 排卵の誘発

まず排卵を誘発しなければなりません。排卵がうまく誘発できない場合は排卵誘発剤を使います。排卵誘発剤を使わないか、あるいは少量のみ使用して、自然周期採卵(低刺激周期誘発法)を行う病院もあります。

2 採卵、採精

ホルモン検査や超音波検査等で卵胞の成長具合を確かめ、十分に育っていれば卵胞から卵子を採り出します。採卵を行う際は全身麻酔か局所麻酔をして、細い針を使います。採卵した卵子を顕微鏡でチェックして培養液に入れます。

夫の精子も採集しますします。病院によっては、精子を顕微鏡でチェックしたり、特別な処理を施すこともあるようです。

3 受精、培養、分割

培養容器内で卵子と精子を受精させて培養します。受精して2日目あたりから受精卵が分割し始め、6日目頃には胚盤胞の状態になります。

4 胚移植

胚盤胞の状態になったら、細いチューブを使って子宮内に受精卵(胚)を戻します。受精卵が胚盤胞の状態になってからではなく、分割し始めたらすぐに子宮に戻す方法もあります。胚盤胞の状態で子宮に戻した方が妊娠する確率が高くなるようです。

子宮内に受精卵を戻す際、双子になる可能性が高くなりますので、一度に子宮内に戻す受精卵の数は1~3個です。余った受精卵(胚)は冷凍保存することもあります。

5 妊娠確認

1か月くらい経ったら妊娠したかどうかを確認します。妊娠検査薬に尿をかけてチェックするか、血液検査でチェックします。